2015年5月31日日曜日

たまにはお外で




たまには屋外で収録

iTunesへの登録は、こちら

2015年5月29日金曜日

艦これの一番くじ(提督、お茶ですよ!)をしてきた

どうも!最近なにもかもがうまくいかない私平賀です。
世の中そううまくまわるもんではないですね。
そんなしんみりした話はおいといて。

今回はこちら




艦これ一番くじー提督、お茶ですよ!ーをやってきました。

これって会社はどこがやってるんでしょうね?バンプレストナビの一番くじの所に
それらしいものが、あったからそれ関連と協力してやってるのでしょうか?


ちなみに、写真はラストワンショウのやつです。
ラスト数回で、誰もやってない、A,Bなどの主要は取られてたので、
全部引かせてもらえました。全部引いてもOK出たので。
そして、ゲットしました。
こういうくじのラストワンは狙って取れるものでもなく本当に偶然でした。
誘ってくれた友人に感謝。
ちなみに、友人は湯のみが欲しかったらしく、その前に引き、
最後の1つを手に入れてご満悦してました。
実は、私も湯のみ目当てでいったのですが…それは残念。
しかし、座布団を手に入れました!
これは使っていこうと思います!イスのクッションにするんだ!

それでは、またー。


2015年5月28日木曜日

失われた味を再現! カクテルパートナー「シルキーアップル」

 どうも、リンゴを剥いて食べるときははウサギさんカット派の男、aokiです。

夏を目前に、炭酸系のカクテルが美味しい季節となってまいりました。
今年も自家製ジンジャエールでお酒ライフをエンジョイしていきたいところです。

さて、大手酒類メーカーであるアサヒが値上げを発表してげんなりしているわけですが、そうなると今のうちに飲んでおきたいお酒がちらほらと頭に浮かびます。
アサヒと言えば、個人的にはお家でカクテルというムーブメントを引き起こしたヒットシリーズ「カクテルパートナー 」が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。


当時20歳を迎えたばかりのaokiも、色とりどりの缶をいろいろ飲み比べるのが楽しみなファンの一人でした。
中でも好きだったのはこの一本。



炭酸の刺激と低アルコールによる飲みやすさが特徴の本シリーズですが、中でもシルキーアップル乳酸飲料のまろやかさと青リンゴを思わせる香りと甘みが絶妙で、定番のジントニックと一緒に一時期は冷蔵庫の一画を占領するほどでした。
これを久々に飲んでみようしたのですが、少し前のシリーズリニューアルによりカクテルパートナー自体が大幅にラインナップの変更をしており、残念ながら販売終了となっておりました。
恐らく、よほどのことが無ければ再販は不可能でしょう。
というわけで、今回の記事ではこの失われた味の再現をはかってみようと思った次第であります。
完全再現ではなく、なるべく身近で手に入るもので、あのリンゴフレーバーと爽やかな酸味に近いものを作れたらと思います。



レシピについて

もともとカクテルとして普及しているジントニックなどと違い、アサヒのオリジナルレシピであるシルキーアップル。
当然すでに失われた銘柄ですし、配合率までは分かりませんが、当時のチューハイレビューを綴った熱心な個人サイトの力をお借りし、缶裏に書かれたとされる以下の原材料名をつきとめました。

 果汁1%。アルコール分4%。原材料:ヨーグルトリキュール(ウオッカ、はっ酵乳、糖類、酸味料、 安定剤(大豆多糖類))、りんご果汁、糖類、香料、酸味料、乳化剤。 

 化学調味料は無視するとして、これらの情報と舌に残る微かな味の記憶を頼りに材料をまとめてみました。


 以下がレシピです。



 ウォッカ:20ml
 グリーンアップルリキュール:15ml
 カルピス(原液):25ml
 炭酸:100ml

 
 果汁1パーセントということは、生絞りのリンゴジュースではなく、リンゴリキュールを使った可能性が高いです。
 青リンゴのリキュールと言えば、ルジェのグリーンアップルが有名なので、こちらを採用。
そしてかなり意味合いの広い「はっ酵乳」という材料表記ですが、缶の表にヨーグルトという表記がありました。しかし酸味よりもやたらと甘かったという記憶があるので、今回は飲むヨーグルトよりも甘さと混ざりやすさを優先してカルピスを選択することにします。
いやいや、甘さより酸味の記憶の方が強いぞという方は、カルピスとヨーグルトを半々か、全部ヨーグルトにしてみてください。
そういうわけで、完成したのがこちら。



 写真では分かりづらいですが、白さの中にグリーンアップルのほのかな緑色が際立つ綺麗な色合いのカクテルとなりました。

そして肝心の味ですが、本物の記憶と比べ非常に近しい味になっていると思いました。特に女性にお勧めしたい軽い口当たりの爽やかなカクテルとなっています。
  
あくまで自己満足の領域なので、もしも何らかの形でシルキーアップルの在庫をお持ちの方がいらっしゃれば 、飲み比べて完成に近いものにするべくアドバイスをお願いできればと思います。

以上、今週のaokiでした。

2015年5月27日水曜日

ドロップキックは強い

どうも、アレだ、眠いです。山下です。
最近暑いですね。家の中と外との温度差がなかなか激しいので仕事に来ていく服がなかなか決まらないそんなお年ごろな感じです。 うん、意味わかりませんね。

最近PS4のソフトでダイイングライトというゲームを買いました
デッドアイランドというPV詐欺ゾンビぬっころしゲーで有名になったtechland開発のゾンビぬっころしゲーです。

デッドアイランドのPV めちゃめちゃ凝った作りで感動できるがゲーム内容とはまるで関係ないらしいです。
続編 デッドアイランドリップタイドのPV 凝った作りで感動できるがゲーム内容とはry

まあ僕はデッドアイランドシリーズの方はやったことないのでわかりませんがダイイングライトは
めっちゃ面白いです。
FPS視点のオープンワールド型サバイバルホラーな感じで鉄パイプ的な鈍器やらナタやらドロップキックやらタックルやらを使ってゾンビをピーしていくゲームです。
移動に関してはパルクールアクションというどこでも登れてどこでも走り抜けられるアクションを使って広いオープンワールドを自在に駆け抜ける事ができます。
FPS経験者でも酔うほど画面が揺れるのは仕様です。
ゲーム中移動したり攻撃したりミッションをこなすと経験値が溜まってやれることがどんどん増えていき主人公が人間やめたような忍者かスパイダーマンのような動きができるようになるので
非常に快適で面白いです。
ダイイングライトのPV これはゲーム内容そのまんまです。

あとこのゲーム時間経過で昼から夜に変わっていくのですが、夜になると敵が強くなり、昼と違って主人公の立場が敵を狩る側から敵に狩られる側に変わるのも面白いです。
まあまだ全クリしてないのでアレですが、ゾンビをドロップキックでふっ飛ばしてストレス発散したい方にオスススメです。


2015年5月25日月曜日

Syntax Highlighterを導入したよ

コードが見難くて仕方がないので、めんどくさいけどSyntaxHighlighterを導入した


まずはSyntax Highlighter Scripts GeneratorでScriptを生成する。
今回生成されたScriptがこちら

<link href='http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/styles/shCore.css' rel='stylesheet' type='text/css'/>
<link href='http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/styles/shThemeEmacs.css' rel='stylesheet' type='text/css'/>
<script src='http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shCore.js' type='text/javascript'></script>
<script src='http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shBrushBash.js' type='text/javascript'></script>
<script src='http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shBrushCSharp.js' type='text/javascript'></script>
<script src='http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shBrushCpp.js' type='text/javascript'></script>
<script src='http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shBrushCss.js' type='text/javascript'></script>
<script src='http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shBrushDiff.js' type='text/javascript'></script>
<script src='http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shBrushGroovy.js' type='text/javascript'></script>
<script src='http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shBrushJScript.js' type='text/javascript'></script>
<script src='http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shBrushJava.js' type='text/javascript'></script>
<script src='http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shBrushPlain.js' type='text/javascript'></script>
<script src='http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shBrushSql.js' type='text/javascript'></script>
<script src='http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shBrushXml.js' type='text/javascript'></script>
<script language="javascript" type="text/javascript">
 SyntaxHighlighter.config.bloggerMode = true;
 SyntaxHighlighter.all();
</script>

あんまり色々突っ込むとロードが遅くなるんで、必要な言語だけ突っ込む
あとは、ハイライトしたい部分に、

<pre class="brush: xml;">
<!-- コードを書く -->
</pre>

と書けば良い。
楽ちんぽんだ

これでうちのブログもコードがハイライトされるようになった。
やっぱたまには技術的な記事も書こう。

2015年5月22日金曜日

FF新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド

どうも!最近PS4で遊んでばかりいる平賀です。
正確に言えば、PS4のゲームでですが。
なので、仕事に行く意外はニート化している私です。

さて、そんな今回は、こちら。


FF新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド

FF新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド サイト

まだ、発売してないんですがね!2015年6月23日に発売予定です。

私が、新生エオルゼアをプレイしていてその拡張が出るので、
勝手にご紹介しているわけです。

どうやら、イシュガツドという地方でドラゴンとの戦争に終止符を打つ為に
戦っていくらしいです。(なナメ読みした、曖昧で適当な説明)

実際プレイして楽しみたいのであまり情報いれないようにしています。
それじゃ、記事の説明にならんだろ…っていうのはありますが!

新たな、追加要素として、新ジョブの追加、イシュガルドのエリアを
飛行で移動できるフライングマウント、レベル60まであげることが
出来るようになる(今は50が最高レベル)があるそうです。
そして、イシュガルドのエリアを冒険できるわけです。

まだ、そこまでメインストーリーを進めてないので、しなくては!
また、これからはじめる興味のある方もこれを機会にプレイを
してみてはいかがでしょうか?
ちなみにですが、新生エオルゼアの拡張パックになるので、
蒼天のイシュガルドのみではプレイできません。
さらに、新生エオルゼアの方でイシュガルドにいけるようになるまで、
メインのストーリーを進めないといけませんのでご注意ください。
そんな感じらしいです。

今から発売が楽しみです。

では、また~。


2015年5月21日木曜日

チェリーを使ったカクテルをまとめてみる

 どうも、好きなスーパーカップはチョコミントの男、aokiです。

ひょんなことからGW中とある場所でカクテルパーティーをすることになり、飾り付け用のチェリーを取り寄せたのは良いのですが、休み明けに思った以上に余らせてしまう結果となりました。
古くなる前にそのまま食べてしまうのが一番ですが、個人的にサクランボが苦手なaokiとしては、やはりカクテルなどお酒の付け合わせとして処理したいと考えます。

というわけで、今回はチェリーを飾り付けとして用いるカクテルをご紹介してみたいと思います。
前提としてカクテル用チェリーには、基本的に飾り付け用としてマラスキーノチェリー(赤)とミントチェリー(緑)の二種類があり、瓶詰めで売られています。どちらも味わいにさほど違いはありませんが、カクテルのイメージや見栄えによって主に色彩効果的に使い分けがなされます。
もちろん、各Barでカクテルの飾りに違いがあるのは当たり前ですが、今回ご紹介するのは、チェリーが必須とも言える役割を持つものばかりです。

それでは以下簡単な解説をば。なお、画像はすべて拾い物です。





マンハッタン

ウィスキー、スイートベルモットをステアし、最後にマラスキーノチェリーを沈める。
マンハッタンの夕焼けをイメージした一杯で、都市の名前が付くシティ・カクテルの中でも定番にして傑作。カクテルの王「マティーニ」と対をなす、カクテルの女王と呼ばれる。



 ライジングサン

テキーラをベースに、シャルトリューズ、スロージン、ライムジュースなど複雑な材料の使いこなしが必要なカクテル。上記のマンハッタンが沈む太陽なら、こちらは朝もやに昇る太陽をイメージしている。
味わい以前に、チェリーがなければカクテル名として成立しないという、チェリーの大切さが伝わる一杯。



青い珊瑚礁

名前の通り、日本産のカクテル。
周りについているのは砂糖で、ジンとペパーミントを使ったシンプルながらも甘い口当たりが特徴。
こちらも沈むチェリーが彩りを添えるが、赤、緑、白と名前の割に青色が一切使われていない不思議なカクテル。




雪国


こちらも日本産のカクテル。
ウォッカをベースに、コアントロー、ライムジュースをシェイクして作る。
淵に付く砂糖と、冷えると白く濁るコアントローの性質が雪国の過酷な冬を表現しているが、底に沈むミントチェリーの鮮烈な緑色が、やがて来る雪解けを予期させる。
1958年、全国カクテルコンテスト優勝作品で、 その珍しい見た目から今日ではジャパニーズカクテルのスタンダードとしてその名を知られるに至った。
ちなみに作者の井山計一氏は、80歳を超える現在も東北の地で現役のバーテンダーとして活躍している。


さて、ざっとではありますが、チェリーが命となるカクテルのご紹介でした。
情景的な感性が強いのか、こうしたカクテルレシピの知名度は日本の方が良く見られる気がします。
毎年様々な新作レシピが生まれるカクテルコンテストでも、フルーツを飾りとしてではなく、意味合いまで込めるケースも珍しくありません。
そうしたグラスの画像を見て回ると、絵画作品を鑑賞するのに近い楽しみがあるのはaokiだけでしょうか。
こうして目で楽しめるからカクテルの世界は奥が深いなと感じるのです。

2015年5月20日水曜日

海と心霊スポットに行ってきた

どうも、突然ですが波の音っていいよね 山下です。
というわけで突然ですが新潟までドライブに行き海を見てきました。
5月の海は冷たいですね。
テンションに身を任せて靴のまんまで突っ込んだら靴がビチョビチョになりました。
うん、当たり前ですねHAHAHA
しかしアレですね、浜辺に花火が散乱してて非常に汚かったですね。
海と花火はテンション上がるし海に来たら花火ややりたいですが…ゴミはちゃんと持ち帰ろうZE!

で、帰りに信濃町を通って帰ったのですが…
信濃町 新潟と長野の県境と言えば県内最凶と言われるとある心霊スポットがある場所です。
はい、ホテルセリーヌを見てきました。
なんか県内に数ある心霊スポットの中でも一番やばいとこらしいです。
の割に車がビュンビュン通る県道沿いに普通に立ってるのに驚きました
なんかこうもっと探すものだと思ってたら普通に出てくるし…夜中行ったら普通に通り過ぎそうだし
まあ夜中なんてぜっっっっったい行きませんけどね。

さすがに中に入るのはいろいろ怖かったので外観の写真しか撮ってませんが
なにか潜んでそうで怖いです
 
有名になりたいそうです
なんかこの窓から女の霊が覗いてるとか

周囲も車ビュンビュンで外もまだ明るかったのですが確かに怖かったです。
なんかこう心霊サイトの管理人さんたちはどんだけ度胸あるんだろうとか思いました。
うん、中になんか絶対入りたくないやHAHAHA 外観だけで半端無く怖いし

とりあえず一度見たからもう満足です。
あとやっぱ夏にも海行きたい、うん、夏は海で花火ですよね。やったことないけどHAHAHA




2015年5月18日月曜日

ゆるゆるゲームRecommending Vol.15 NO MORE HEROES 2 DESPERATE STRUGGLE

ゆるゆるとビデオゲームを紹介し続けるゆるふわな連載記事。
今回は奇才ゲームクリエイターSUDA 51から一作を紹介。
2010年にWiiで発売された、「NO MORE HEROES 2 DESPERATE STRUGGLE」

NO MORE HEROES 2 DESPERATE STRUGGLE

・タイトル:NO MORE HEROES 2 DESPERATE STRUGGLE
・発売元:マーベラスエンターテイメント
・プラットフォーム:Wii
・ジャンル:アクション
・発売日:2010年10月
・リンク:公式サイトAmazon

前作「NO MORE HEREOS」はWiiで発売後、PS3で2回、XBOX360でも1回リメイクされたが、
本作は2015年現在Wiiのみの展開となっている。
そのためレーティングが「D」となっており、海外版と比較するとゴア表現がマイルドになっている。

では、個人的な感想を記そう。

・シナリオ
基本的には前作同様、全米殺し屋ランキングのトップを目指して戦う話しであるが、その動機が全く違う。
前作ではトップを目指す同期はシルヴィアとイチャイチャするためで、途中からヘンリーやサンダー龍、ジーンと言った因縁も少しずつ絡むようになっていたが、
今作では冒頭から友人が殺され、その復讐劇として描かれている。
また、トラヴィスとシルヴィアとの関係を前作よりも詳細に描いている点も評価できる。
任天堂ハードでは珍しくベッドシーンがあるが、コミカルに描写されており、笑える。
シナリオがシリアスになるたびに、笑える演出を入れてシリアスになり過ぎないように調整している印象を受ける。
(といっても、前作でもラスボス戦で壮大なおふざけを展開していたが。。。)
全体的にシナリオよりも演出を優先しているような印象を受ける上、
シリアスなシナリオがコミカルにラップされているので、本筋を読み取るには若干読解を必要とする。

・グラフィックス
キャラデザは前作同様コザキユースケが担当。
GHMらしいトゥーンレンダリングが印象的なグラフィックスで、写実的とは言いがたい。

・音楽
マーガレット・ムーンライト戦のBGMは高く評価されており、筆者も気に入っている。



・システム
前作ではオートバイで街を移動したが、今作では行き先を選択するとその場にワープするように改善された。
オートバイは操作性が悪く、マップ上のオブジェクトに引っかかることも多かったので、かなりありがたい。
また、ワープする際の演出は「killer7」のマップ演出を意識したようであり、ファンには好感が持てる。
今作ではプレイできるステージは限られているものの、プレイアブルキャラとしてヘンリーとシノブが用意されている。
どちらもキャラクターとしてよく出来ているので、正直おまけモードか何かでもっとこの二人を使えるようにして欲しかった。



・総評
前作から連なっているシナリオであるため、前作を予めプレイしておくことをおすすめする。
アクションゲームとしてはまあまあの出来だが、主人公の操作に幅があまり無く、慣れてくるとやや単調な戦闘となる。
それでも各ボス戦は、ステージの仕掛けや敵の攻撃を利用して効率よく攻撃しないとすぐにゲームオーバーになってしまう。
アクションよりもシナリオや演出がメインのゲームなので、その辺りを割り切れるかたはぜひプレイしてみて欲しい。

2015年5月15日金曜日

メタボ解消トレーニング①

どうも!最近12時まで起きているのが辛くなってきた平賀です。
睡眠は大事ですのでいいことかもしれませんが、
日にちがたつのが早いです。

さて、今回は、メタボ解消トレーニング!

メタボな私。そろそろ本格的にダイエットに乗り出そうかと思います。
なので、その記録を書いていこうかと思います。
ちなみに、ここ数ヶ月筋トレのみやってきましたが、効果は無かった。

具体的には、腹筋、腕立て、スクワット、足のつま先立ちを各30回ずつですね。
メタボには、これを安定してやるまでに相当の苦労がありました。

まず、10回やれないという悲劇に遭遇します。
コレを解消する為に、2~4週間位かかりました。

次に、徐々に回数を増やす作業。
10回~30回へ増やす。
日にちを重ねるごとに徐々に増やしていきます。
コレを1ヶ月位かけてやっていきます。

現段階で、安定して、30回以上可能になっています。
これが、大体1ヶ月位継続して出来ている状態です。

が、しかし、メタボには効果が無かった!!

つまり、これに追加要素が必要になってくるのです。

というよりも、これが出来てやっとこさ運動出来る段階まで
来たのかもしれません。
体を動かすのマジで辛い。

そして、追加要素。

これは、やはり有酸素運動が必要になってきます。
そして、食事も大切になってくるみたいです。
そこらへんを調べて挑戦してみようと思います。

では、また~。

2015年5月14日木曜日

aokiのHuluライフその1:海外ドラマ「ハンニバル」

 どうも、好きなボンド映画は「カジノ・ロワイヤル(2006)」の男、aokiです。
先日、気になっていた定額制動画サービス「Hulu」に登録してみました。
映画もアニメも海外ドラマも観れるので、定期的に観たものの感想を綴っていければと思います。
というわけで、今回取り上げる作品はこちら。




海外ドラマ「ハンニバル」。現在シーズン2まで制作されています。
同名映画は、「羊たちの沈黙」から始まる猟奇殺人鬼「ハンニバル・レクター」と警察との攻防を描いておりますが、今回の作品はその前日譚としての位置づけであり、精神科医としての表の顔で暗躍するレクター博士が全編に渡って絡んできます。
まだ第一シーズンの途中までですが、感想をちょろり。



概要:アメリカで発生する猟奇殺人事件。その常人には考えられない犯罪思考をプロファイリングするFBI特別捜査官ウィル・グレアム(ヒュー・ダンシー:写真左)は、犯行現場に身を置くことで、犯罪者の思考・犯行手口を自身の体験かのように共有できる能力を持っていた。
自身の精神に負担をかけるこの能力に、彼の身を案じ、同時に捜査官としての活用を考える上司のジャック・クロフォード(ローレンス・フィッシュバーン:写真右)は、彼の担当医として精神科医ハンニバル・レクター(マッツ・ミケルセン:写真中央)を同行させる。身も凍る凄惨な事件に挑むグレアムに、レクター博士はさまざまな助言を与えながら、捜査陣は次々と現れる常軌を逸した猟奇殺人者たちと頭脳戦を繰り広げる。同時に事件の裏で、自分の美学に基づき暗躍するレクター博士と、次第に追いつめられるグレアムの行く末が全体のストーリーを盛り上げていく。(所々違うかも)




見所:映画版でもおなじみのグレアム捜査官が、今回のドラマ版では映画よりも時系列が前の為か、神経質かつ脆さを秘めたキャラクターとなっています。当然レクター博士も殺人鬼としての姿が表になっていない若い頃を描いており、マッツ・ミケルセンの知的で狂気を奥に秘めた演技が光っています。

ボンド映画「カジノ・ロワイヤル」で悪役「ル・シッフル」を演じた彼が2代目レクター博士を演じるというのだから、これは観ない訳にはいかないでしょう。事実、個人的には大満足でした。
映画からトマス・ハリス作品に入っていたaokiとしては、既にレクター博士=アンソニー・ホプキンスの図式が出来上がっていたのですが、ホプキンスよりもずっと若いミケルセンレクターはダンディズムと優雅さにあふれており、これはこれで落ち着いた知的な殺人鬼というキャラクターを形作っています。個人的には登場ごとのスーツとネクタイの着こなしがとてもグッド。


彼のカニバリズムという異常性は、ドラマ初期から小出しに描写されますが、人肉の調理と、フォークとメスを使う食事風景は、異常と分かっていながらも気品のある姿として視聴者の感性にボコボコ刺さります。人を食事に招くのが大好きという点は今回も健在。そんなもの人に食わすな・・・
とにかく冷静でスタイリッシュなインテリ医師。映画のレクター博士といえば、有名なシーンである噛み付き防止マスクと全身拘束衣がありますが、今作で出るかどうかは分からないもののミケルセンではやって欲しくないなぁと思うくらい。誤解を恐れず言うなら立ち振る舞いがセクシーとすら感じます。

それから、テーマとして一貫して登場する猟奇殺人事件ですが、こちらは陰惨でショッキングなものが続きます。
主人公の能力による犯行再現の映像が、狂気と危うさをもって描かれているので中々に気持ちをへこませます。 それほどまでに登場する犯行が変態アンド変態。
内蔵を食った遺体をシカの角で刺して飾ったり、生きたままの昏睡者を土に植えてキノコの苗床にしたりと、独特の美学に基づくサイコパスがうようよ。いちおう閲覧注意です。まぁ、やり過ぎくらいがエンターテイメントだと思っているaokiはこういう方が好みですが。いわゆる過剰なまでの惨殺シーンとか痛い系グロは苦手ですが、死体系グロに抵抗のない人には刺さるのかなと。後半まだ観てないからどうとも言えませんが・・・


全体の感想:
海外ドラマの視聴は本当に久しぶりでしたが、第一シーズンを半分まで視聴してみて、aoki的には「疲れる」というのが正直なところでした。
映画だとスリリングなサスペンスは大好物なのに、ドラマになると助長さを感じてしまうのは個人の好き嫌いなので、好きな人は鼻で笑ってください。
警察モノ、かつ頭脳戦ということで、精神をすり減らしながら犯人逮捕に動く捜査陣営にもお茶目なキャラはいないし、 清涼剤になるような要素がとにかくないのは人を選ぶかと思います。
強いて言えば異常性を楽しむドラマでしょうか。その犠牲として雰囲気は暗くて重い。まぁ、だからこそレクター博士の存在が際立つのですが。
さらに言えば、無駄に事件を引っ掻き回すマスゴミ女ことフレディ・ラウンズとか、 いち早く犯人の特定をした上で、裏で蜂の巣をつつく博士とか、序盤はとにかく解決に向けて一進一退がやきもきします。それが海外ドラマの面白いところなのかもしれませんが、アメリカ国内としては視聴率が伸び悩んでいるみたいです。
まぁ、aokiとしてはミケルセンレクターがぐさぐさ刺さりまくっているので、視聴は続けるんですがね。
ここから彼がどう本性を明らかにしていくのか、非常に楽しみです。

以上、今週のaokiでした。






2015年5月13日水曜日

ビーズクッション買った。

どうも、最近Amazonでビーズクッションを買って癒やされている男、山下です。
いや~これは人をダメにしますね。どんな体勢で座っても優しく包み込んで
離さないまるで冬のオフトゥンにも似たその魅力はもうビーズクッション
という名のオフトゥンですね。
うん、眠すぎて自分で何言ってるかわからない!

リラックマとダッフィーの生首キュートで愛くるしい顔が寝ていますね。
このクッションLサイズで結構大きいので二人座ることも可能です。
まあ欲を言えばもうちょっと大きいほうが良かったかな-と思わなくもないですが…
それでも十分な大きさですね。
更にこれ中のビーズの詰替えができるのでとっても経済的みたいです。
まあビーズが静電気で飛んでいってしまうため詰め替えるのに結構苦労するみたいですが…
後こまめに掃除しないとホコリが目立ちます。特に僕が買ったワインレッドは結構目立ちます。
これからはこまめにお掃除をしよう、うん

さらに欲を言えばこんな大きさのがちょっと欲しいかな-と
うん、大きすぎますね、アメリカから日本に上陸した「快適で動けなくなるソファー」
Yogiboというらしいです。
これさえあれば十分この上で寝れるしゴロゴロできるし写真のように子どもと触れ合えるし文句なしですね。
まあほんとに画像の通りの大きさなら置き場所に相応困る事になりそうですが…


とりあえずあれです。ビーズクッションは快適です。


2015年5月11日月曜日

馬耳東風4月のまとめ(2015)

4月の大自然の甘党はこんな感じでした。
カッコ内は前月比です。

・セッション数:2,152回(-10.67%)
・ユーザ数:1,880人(-10.77%)
・ページビュー:2,713回(-2,789%)
・ページ/セッション:1.26(+9.09%)
・平均セッション時間:0分42秒(+39.46%)
・直帰率:86.01%(--3.71%)
・新規セッション率:82.43%(-1.64%)
・ユーザの地域(上位3位):大阪市(+63.69%)、横浜市(+42.31%)、名古屋市(+4.32%)

良く閲覧された記事トップ10
1位:iMovieで水曜どうでしょうみたいなテロップを挿入する方法(iMovie10.0以降)(-1.09%)
2位:夢のトリプルディスプレイを構築する(-26.39%)
3位:賃貸だけどバーカウンター置くよ!(+15.22%)
4位:漫画メシ!その② 華麗なる食卓「チキンカレー」(+132.56%)
5位:Chart.jsで作ったグラフをajaxで更新するとcnavasのサイズがおかしくなった(-28.83%)
6位:劇場版 名探偵コナン 業火の向日葵 見たよ(ー)
7位:再現!漫画メシ!その③ てんまんアラカルト「『ありえない』目玉焼き」(ー)
8位:iMac Retina 5Kディスプレイモデル (late 2014) を導入した(-29.11%)
9位:別APKのServiceとAIDL通信を実装するサンプル(+31.58%)
10位:iPad Air 2とiPhone6 plusを一ヶ月使ってみた感想(+126.57%)

4月の世の中の主な出来事(だいぶ偏ってます)
・何も考えずにテンプレートエディタ使ってブログのレイアウトを変えた
・そしたらあたりまえだけどCSSが上書きされた
・結果、SyntaxHighlighterがどっか行った
・気づけよ、バカ
・でもめんどくさくてまだ直してないよ♪


2015年5月1日金曜日

カップ麺ではまっている物13

どうも!ここの所調子を崩しやすい平賀です。
風邪引いてみたり、筋肉痛だったり、眠かったり、
30代を前にして体力の衰えを感じてきているそんな私です。
いや、体力つけようぜ!って感じなんですが。

さて、今回は久々の久々!
カップ麺ではまっている物です。
既に、食ったものを紹介するコーナーにっなっていますが、
いいのです。気にしたら負けです。



日清食品グループさんのカップラーメンカラアゲキング!!

でかい!かなりの量があります。それでもって、肉というか、
からあげ的な感じのお肉がはいっています。
ですが、不思議と違和感を感じませんでした。

味ですが、普通。可もなく不可もなくです。
個人的な感じでいうとキングサイズはどの味も、
普通のサイズに比べて味が薄いような感じがします。
多分、私のお湯の入れ方の問題なんだろうけど。
なにかコツとかって無いんですかね?

キングサイズでおおよそ200円(確か、220円位?コンビにだと。)
なので、これでお腹一杯になると思います。
とにかく、量が食べたい方は一度食べてみるのはいかがでしょうか?

今度、キングを全部そろえてみるとかやったら面白いんだろうな。
そんな事を考えつつ今日はこれまで!

では、また~。