2015年1月29日木曜日

学校で歌われる合唱曲を振り返る

 どうも、学生時代、混声合唱ではもっぱらバス歌手を貫き通した男、aokiです。

先日、ラジオを聞いていると、日本の代表的な合唱曲が特集されておりました。
中学、高校時代に何かとクラス全体の歌唱力が評価され、コンクールなどに出たこともあったため、歌ったことのある曲も多く、非常に懐かしく感じました。

そこで今回は、学生時代に一度は耳にしたことがある方も多い、学生向けの合唱曲をまとめてみました。当時本気で取り組んだ方も、良い思い出の無い方も、振り返ればそれも青春の1ページに変わりは無い訳で……。懐かしく聴いて頂ければ幸いです。




COSMOS
作詞・作曲:ミマス
個人的に好きで今でも折に触れて聴き返す一曲。 旋律の美しさもあって、aokiの学校では毎年合唱曲が近づくたびに各クラスで取り合いになった、通称「安定の金賞曲」。 コスモスは花の名ではなく地球を意味するというスケールの大きい歌詞でしたが、そんなことには当時全く気付かずに練習を重ねていた覚えがあります。
 明日へ(あしたへ)
 作詞・作曲:富岡博志
 明日への不安を抱えながらもそれでも進んでいく〜みたいな中学合唱曲の代表みたいな曲です。
 合唱曲の中でもパートごとのハモりが絶妙な分非常に難しく、当時aokiの学校では「3年生にのみ許された曲」とかいうオドロオドロしい名前で呼ばれていました。
 例に漏れず、aokiも確か中学3年くらいに校内合唱会で歌った覚えがあります。
 
この地球のどこかで
作詞:三浦 恵子 作曲:若松 歓
 イントロの旋律に癒される一曲ですが、aoki自身は歌った覚えがないので、恐らく他のクラスが歌っていたのを覚えているのでしょう。
 青春を振り返るという趣の歌詞は、どちらかというとコンクールより卒業式向けな一曲に仕上がっています。
 
時の旅人
作詞:深田じゅんこ 作曲:橋本祥路
 こちらも他のクラスが歌っていたのを覚えています。
 メロディー構成がころころと変わっていくので覚えづらい一曲ですが、発表の場に仕上がると、非常に聞き応えのある上級者向けの一曲。
 練習を重ねて完成度を高めればパートごとの持ち味も分かりやすく、中学生に人気の橋本祥路らしさは要所要所でガツンとメロディーに表れている気がします。
  
怪獣のバラード
作詞:岡田冨美子 歌詞:東海林修
 中学時代、aokiのクラスが地元の合唱コンクールに出場したときに歌った曲。
 人を愛したいと興味を持った怪獣が、自分の住処を離れて旅をするという物語性の強い歌詞が特徴。
 また、しっとり系の他の曲に比べて「元気の良さ」を全面に押し出した点もこの合唱曲の印象を強めています。
 個人的には歌い始めの「沈む〜砂漠〜に」が綺麗にハモると気持ちよかった覚えがあります。
 中盤は高音パート、低音パートが交代で主立った歌唱を披露するので、どのパートも手を抜けないバランスの良さが求められます。
 惜しむらくは中学生が感じる「怪獣」というモチーフの好き嫌いと、最後の「やぁ!」のかけ声に恥ずかしさを感じる点でしょうか。これさえ乗り越えれば、クラスの団結を気持ちよく感じることが出来る一曲と言えます。
島唄 
 作詞・作曲:宮沢和史  編曲:富澤裕
 沖縄の情景と戦争の悲惨さを歌い上げる原曲を、富澤裕氏が混声3部合唱曲へと編曲したもの。
 ピアノ伴奏と混声合唱の重みが加わり、原曲よりも聞き応えのある荘厳さを獲得した本曲は、修学旅行先が沖縄だったaokiの高校では2年生のある種の定番曲として特別な地位を築いていました。
 コンクールでは異色の選曲に思う方もいるかもしれませんが、お聴きになって分かる通り非常に完成度が高く、aokiの学校では金賞候補として他のクラスを脅かす存在だったことを覚えています。
 今聴いてみて気持ちがいい合唱曲としては、個人的にはトップクラスだったりします。
 
 以上、ざっとaokiが印象に残っている合唱曲をまとめてみました。
 今では歌うよりも聴く機会しかない年代になりましたが、遠い昔、クラスで一緒になって完成度を高めていた日々は、 とてもいい思い出だったんだなぁと今では思います。
 懐かしい思いに浸ってくれた方、改めて曲の良さを感じてくださった方がいてくだされば幸いです。
 以上、今週のaokiでした。 

2015年1月28日水曜日

ジグソーパズル作った

どうも、眠いです。山下です。眠いです。
今回はアレです、前回の記事でも書いたジグソーパズルを作ってみました。
僕パズル類は大の苦手でバイオハザード4のアシュリーパートのパズルでもエラい時間食って
イライラしながら説いた覚えがあります。だからジグソーパズルとかも縁がないものと思っていたのですが…絵柄が美しいし、かわいいは正義だし、ネタになるし
まあそんな話は置いといて…
 開封後です。これから108のピースが僕を待ち受けています。ピースを見た感じやはり108ピースはそんなに多く感じません。これなら1時間かからずにイケるな、うん
記念すべき1ピース目です ていうか今までジグソーパズルをやった記憶がないんですが
これ人生初ジグソーなんですかね…人生初ジグソーがふつくしい風景とそこに佇む女の子…
最高です。
外枠完成! 説明書にも書いてあったように外枠は簡単ですね
ここまでで30分程かかったなんて言えません
なんかもう色々ふっ飛ばして完成
実にふつくしくていいですね。部屋の白い壁に飾ればいい感じになりそうです。
ええ、というか2時間以上かかったのは予想外でした。108ピースなめてましたHAHAHA
とりあえず壁に飾ってみました
うん、一つだけじゃ寂しいですね。後2つくらい並べたいなーとも思いますがその前に
後2つもつくる気力があるのかどうか… とりあえず気が向いたらコレクションを増やしていこうと思います。


 
 

2015年1月26日月曜日

iMac Retina 5Kディスプレイモデル (late 2014) を導入した

以前の記事でもご紹介したが、2014年秋の発表会で、AppleはiPadと一緒に新型のiMacを発表した。
今回、私物のMacBook Proの減価償却が終わったため、思い切って買い換えることにした。
新しいiMacのレポートを簡単に記そう。

iMac Retina 5Kディスプレイモデル

今回筆者が購入したiMac、スペックは以下のようになっている。

  • CPU: 4.0GHzクアッドコアIntel Core i7
  • RAM: 1,600MHz DDR3(16GBで購入した後、32GBに拡張)
  • グラフィックス: AMD Radeon R9 M295X(4GB GDDR5メモリ搭載)
  • ストレージ: 1TB FusionDrive

RAW現像やちょっとした動画編集を行うことは多いので、CPUとグラフィックスをアップグレード。
RAMもAppleStoreで16GBまで拡張したが、負荷をかけるとメモリが逼迫することがあったので、
Amazonで追加の16GBを購入して32GB構成とした。



今回のiMac、特筆すべきはやはりそのディスプレイ。
普段は5K解像度の5,120 x 2,880ピクセルをスケーリングして、3,200 x 1,800ピクセルで使用している。
画面が広くて素晴らしい。
また、精度が高く、ベクターベースのイメージがはっきりと見やすい。
特にテキストの読みやすさは目を見張る。
今まで筆者はRetinaディスプレイはiPhoneとiPad、Nexusシリーズなどで使ってきたが、
今回は27インチという大画面で使うことができ、非常に満足している。
サブディスプレイとして接続しているフルHDのディスプレイが、眠く見えてくるくらいだ。

唯一困った点は、27インチという大きさ。
部屋に設置するのにエライ苦労したが、なんとか設置することができた。

ギリギリ設置できた

今回のiMac、確かに効果だが、4Kディスプレイの価格を考えれば十分に費用対効果は高いと断言できる。
もしPCの買い替えを検討している方がいたら、ぜひこのモデルも考慮に入れていただきたい。

2015年1月22日木曜日

オーソドックカクテルを5タイプ紹介してみる

どうも、好きなバーテンダー(漫画)のキャラは葛原さんの男、aokiです。

世の中には、主となるスピリッツを変えるだけで成立する黄金レシピと呼ばれるカクテルが存在します。

今回はそんなレシピを用いたオーソドックスなカクテルをご紹介してみたいと思います。


ベース材料:ジン
カクテル名:ホワイトレディ


ジンの香りを生かしたカクテル。その名もホワイトレディ。
ジンを1/2、ホワイトキュラソー、レモンジュースを使います。
松ヤニを筆頭に薬草や柑橘類の皮を漬け込むジンとホワイトキュラソーの相性は抜群。
カクテルの歴史に新たな伊吹を形作ったオーソドックカクテルです。


ベース材料:ウォッカ
カクテル名:バラライカ
ウォッカはジャガイモなどの根菜類や穀物を材料とするスピリッツです。
白樺の炭などで濾過を重ねることにより、雑味を極限まで排した純粋なアルコールの味わいを楽しむことが出来ます。
こちらもウォッカを1/2に、ホワイトキュラソーとレモンを使ったカクテル。
バラライカは、ウォッカの生まれた地ロシアに伝わる楽器の名前です。
すっきりとした味わいに噓偽りは無し。キリッとした味わいが好きな方にオススメのカクテルです。

ベース材料:ラム
カクテル名:XYZ


ラムはサトウキビなどを原料とするリキュールで、常夏の島を思わせる爽やかなスピリッツです。
上記のレシピのベースをラムに変えるだけで、常夏の島の陽気さを持ちながらも、オーソドックスな大人の味わいを持つカクテルへと生まれ変わります。
XYZの命名の由来は、アルファベットの最後、これ以上のものはないという究極のカクテルを意味していると言われております。


ベース材料:テキーラ
カクテル名:マルガリータ


テキーラは中南米で楽しまれる、サボテンから採れる糖液を材料としたスピリッツです。
野性味のあるその味わいは人を選びますが、好きな人にはたまらない魅力を持っております。
テキーラの楽しみ方は、ショットグラスと共に塩とレモンを舐めながら頂くというスタイル。
材料のホワイトキュラソーとレモンに加え、グラスの縁を飾る塩が、そんなスタイルをカクテルグラスの上で再現したかのようで、伝統を受け継ぎつつもエレガントなカクテルという印象を受けます。


ベース材料:ウィスキー
カクテル名:キングスバレイ



こちらは日本生まれのカクテル。
日本のカクテル文化を飛躍的に高めた巨匠、上田和男氏のオリジナルカクテルです。
ウィスキーをベースに、上記と同じくホワイトキュラソー、レモンを用い、最後にブルーキュラソーをほんの少し加えることによって完成します。
スコッチウィスキーの黄色とブルーキュラソーが合わさり、当時としては非常に珍しい緑色のカクテルとして見目麗しいレシピが誕生しました。
味わいも複雑で、日本のカクテルをオーソドックスな上記4品に並び立つ存在へと導いた日本産カクテルの象徴とも言える存在ではないでしょうか。


以上で、同じ副材料を使いながらも異なる個性を持つ5つのカクテルをご紹介致しました。
スピリッツを変えるだけで、全く別物の飲み物へと変わるのが、 カクテルの面白いところでもあります。
こちらのカクテルはいわばカクテルの入り口とも言うべき黄金レシピで、ご興味のある方は、ぜひトライして頂ければと思います。
以上、今週のaokiでした。




2015年1月19日月曜日

ゆるゆるゲームRecommending Vol.11 花と太陽と雨と 終わらない楽園

あけましておめでとうございます。
シオザキがゆるゆるとビデオゲームを紹介する企画。
今回は寒さを吹き飛ばす南国な雰囲気の一本を。
マーベラスエンターテイメントが2008年に発売したアドヴェンチャーゲーム「花と太陽と雨と 終わらない楽園」

花と太陽と雨と 終わらない楽園

・タイトル:花と太陽と雨と 終わらない楽園
・発売元:マーベラスエンターテイメント
・プラットフォーム:ニンテンドーDS
・ジャンル:テキストアドベンチャー
・発売日:2008年3月
・リンク:公式サイトAmazon

2001年にビクターがPS2でリリースしたタイトルのリメイクである。
あいにく筆者はオリジナルはプレイする機会に恵まれなかったため、このリメイク作のみご紹介する。

では、以下に個人的な感想を記そう。

・シナリオ
テキストアドベンチャーの肝であるシナリオは、須田剛一氏が担当している。
つまり、端的に言えば難解である。
「探し屋」である主人公は、テロリストが仕掛けた爆弾を探す依頼を受け、南の楽園にやってきた。
ホテルに滞在する個性的なキャラクタたちとやりとりしながら、各章ごとに少しづつ真相に近づく。
何度も爆破される飛行機。
この島とホテルの謎とはなんであろうか。。。

・グラフィックス
正直、あまり美しくない。
パッケージのイメージとポリゴンが大きく乖離している。
(作中で登場人物に突っ込まれている)
PVはすーげーかっこいい。



・音楽
クラシックをアレンジしたものが多く、個人的に気に入っている。
進行上、何度も聞くことになる「ジムノペディ」と「ボレロ」、「G線上のアリア」がお気に入り。

・総評
難解なシナリオ、南の島の開放感、奇抜な演出、暗号解読に成功した時の達成感。
素直に万人におすすめできる作品ではないが、それでもファンは少なくない。
「カルト」な一本と言えるだろう。

2015年1月15日木曜日

アパートで蝶を育ててみた話

 どうも、好きな蝶はオオムラサキの男、aokiです。
  明けましておめでとうございます。本年も何卒よろしくお願い致します
 
少し前の話なのですが、 偶然卵から蝶を育てる機会がありまして、夏休みの自由研究ではないのですが撮り溜めした写真をその顛末と共にここに掲載させて頂きます。
まさか緑の少ない長野市の中心で、昆虫飼育をすることになるとは思いませんでした。
あ、虫が苦手な人は閲覧注意でお願いします。

それはようやく秋の涼しさを感じ始めた9月末ごろの話でした。





9月26日




この頃、ベランダで菜の花の育成を始めていたaokiだったのですが、若葉が順調に伸び育っていたある日、葉っぱに小さな黄色い粒が付着しているのに気付きました。
  アブラナ科の植物に卵を産んだということは、モンシロチョウの卵です。
普段ならガーデニングの害虫として駆除対象なのでしょうが、はるばる幼虫の餌となる植物を求めてこんなベランダまで卵を産みに来た親のことを考えると、なんか託された気がして様子を見守ることにしました。なんというか暇だったし、ネタにもなるし。




9月28日


それから二日が経った頃、葉っぱの上の卵が忽然と消失しておりました。
下側の小さな葉っぱに、黄色の小さな幼虫を発見。
その部分を葉っぱごと切り取り、家の中で保護することに。放っておくと、あっという間に鳥の餌になりかねません。
写真では分かりづらいですが、葉の根元にいる1ミリくらいの黄色いやつが幼虫です。
1齢幼虫という、一回も脱皮をしていない幼体ですね。
  これから蛹になるまでに5回ほど脱皮を繰り返します。


ベランダの菜の花を食い荒らされてはたまらないので、食事は同じアブラナ科のキャベツに変更。スーパーで買った国産無農薬で経済的なメニューです。
極度な寒さに晒さなければ、放っておくだけでどんどん大きくなっていくはず。
  まずはこれでしばらく様子見してみます。





9月30日


黄色かった幼虫が、やや緑色に。大きさも3ミリ近くに成長。
どうやら一度脱皮をしたようです。
会社から帰ってくる度に様子を見ているだけなので断定は出来ませんが、おそらくこれが2齢幼虫でしょう。
だんだんと葉をかじった穴が大きくなっているのがわかります。






10月3日

放ったらかしてしなびちゃったキャベツでもモリモリと食べて大きくなる幼虫。写真の緑の粒はフンですが、放っておいても死なないし、ある意味たまごっちよりも育成が楽です。

大きさも爪先程度の1センチ近くにまで成長。3齢幼虫です。
と、そろそろ考えなければならないことがあるな…

この幼虫は脱皮をするたびに大きさが遥かに増す…
その脱皮をあと2回もこいつは残している…
その意味がわかるな?







どれだけデカくなるんだこいつは……!

容器を移し替える必要があると判断。引っ越しを行います。




  
10月10日

大きさは3センチほどに。
正直、 一日経つごとにデカくなってる気がするので、もはや4齢幼虫なのか終齢幼虫なのかわかりません。



卵を発見してから2週間が経った訳ですが、つついただけで死にそうだった粒みたいな幼虫はどこへやら。たまに自分のフンを掴んで振り回して遊ぶ程度にはやんちゃな青虫へと変身を遂げました。
こうなるとキャベツの消費も格段に増えていきます。サナギへ変わるのも時間の問題なので、止まり木代わりに割り箸をつっこんでおくことにしました。




10月14日


この日、ついに恐れていた問題が発生。
いつものように帰って来て容器を覗くと、幼虫の姿が見当たらない。

葉っぱをひっくり返しても見当たらない。


あろうことかあの野郎、脱 走 ☆ し や が り ま し た 。

お前の食いもんここにしかねぇんだぞ! 出て行ってどうするつもりだ!

あわてて部屋の中を慎重に見て回りましたが、ついに発見することは出来ず……
 


ここで日記の更新は途絶えました。






 11月2日





 それは朝方の寒さに秋の深まりを感じ始めた11月のことでした。
 モンシロチョウのことなど頭から抜け忘れていたある日、仕事を終え部屋に帰ってくると、壁に留まっている白い物体が目に飛び込んできました。








はい。家出して行方不明だった子が、羽化して戻ってきました。

どうやらサナギ用の止まり木として突っ込んでおいた割り箸がお気に召さなかったのか、自分でお気に入りの場所を探して勝手にサナギになっていたようです。

そこで無事に大人になってから、殻を破って部屋で休んでいたと。
心配していた野たれ死には回避されたようですが、さすがに卵から1ヶ月程度で大人になるとは思っていなかったので、びっくりしました。
ともあれ、これで飼育完了です。

ひらりひらりと舞い遊ぶように姿見せたモンシロチョウは、卵の頃から様子を見ていた恩人に対して、10分ほど捕まらずに生意気に逃げ回りながら、開け放ったベランダから秋空に飛び立って行きました。
視界から見えなくなるまで見送るつもりでしたが、鳥の大群が同じ方向に飛び立っていくのを見ていたらいつの間にか視界から消えていました。食われていないか心配です。

どうかたくましく生きてくれ。……11月だけど。

そんな訳で、ひょんなことから始まったモンシロチョウの飼育は、これにて終了するのでした。
基本的には見ているだけでしたが、成長が早くて見ていて面白かったです。
惜しむらくはサナギへの変化と、サナギの成長によって中の成虫の羽模様が透けて見えるようになる過程を脱走のせいで写真に収められなかったことですかね。
正直、幼虫の行動力を舐めていました。
不思議なことに、あれから年末の大掃除も行ったわけですが、 サナギの痕跡はついぞ見つかりませんでした。一体どこでサナギになったんだあいつは……

そんなこんなで以上、新年一発目から撮り溜め写真の掲載とか、ネタの枯渇が心配なaokiでした。

2015年1月14日水曜日

ジグソーパズル買った

どうも、今無性にラーメンが食べたい山下です。
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

さて新年一発目の記事ですが…ネタがないどうしようワハハハ
この前久々にドンキに行ったらこんなものを見つけました。
うん、写真がとっても見づらいですね。ジグソーパズルです。
普段ジグソーパズルとは縁のない生活を送っているのでそもそもジグソーパズルを見るのも久々だったのですが、今こんなものが出てるんですね。ドンキのジグソーパズルコーナーの種類の多さに少しびっくりしました。
なんかこうジグソーパズルというときれいな景色とかディズニーとか日本地図とかそんな感じの子供向けのやつか地味な感じのイメージしかなかったのですが…時代は変わりましたね。
後こんなのも売っていました

ロリロリ美しいですね
これはアリスメモリーズというシリーズで他にも幾つか出ているみたいです。
本当はこっちもちょっと欲しかったのですがロリロリ美しすぎてちょっと買えませんでした。
後はこんなのも

ミクさんジェミニというらしいです。

これならちょっとジグソーパズルに嵌りそうですね。
まあ飾る場所の問題もありますが…
とりあえずまずはいろはめぐりをつくるところからはじめなければ…

2015年1月12日月曜日

馬耳東風12月のまとめ(2014)

12月の大自然の甘党はこんな感じでした。
カッコ内は前月比です。

・セッション数:1,417回(+20.08%)
・ユーザ数:1,230人(+27.86%)
・ページビュー:1,774回(+12.85%)
・ページ/セッション:1.25(-6.02%)
・平均セッション時間:0分29秒(-35.01%)
・直帰率:86.94%(+5.01%)
・新規セッション率:82.29%(+7.89%)
・ユーザの地域(上位3位):港区(+41.38%)、大坂市(+52.17%)、渋谷区(-24.44%)

良く閲覧された記事トップ10
1位:iMovieで水曜どうでしょうみたいなテロップを挿入する方法(iMovie10.0以降)(+91.79%)
2位:夢のトリプルディスプレイを構築する(-18.65%)
3位:Chart.jsで作ったグラフをajaxで更新するとcnavasのサイズがおかしくなった(+27.91%)
4位:別APKのServiceとAIDL通信を実装するサンプル(-37.33%)
5位: 再現!漫画メシ!その② 華麗なる食卓「チキンカレー」(+152.94%)
6位: 若いウィスキーを熟成したウィスキーに変えるアイテム(―)
7位:賃貸だけどバーカウンター置くよ!(+15.62%)
8位:再現!漫画メシ!その① くーねるまるた「白子の唐揚げ」(+12.50%)
9位:愛車にLED(モーションアイライン)を取り付けてみた(-5.41%)
10位:面白い形のお酒のボトルを紹介するよ〜(+183.33%)

12月の世の中の主な出来事(だいぶ偏ってます)
・妖怪ウォッチが大人気
・げらげらぼー
・松田聖子が紅白のトリ
・2015年もよろしくおねがいします