2014年12月25日木曜日

フロートスタイルのカクテルで遊ぼう!

 どうも、ウィスキーは水割りよりロックな男、aokiです。

今回もカクテルネタについて少し。
基本的にカクテルというのは、お酒と別の何かを組み合わせて飲むスタイルのことを総称している訳なのですが、世の中には混ぜ合わせないことでお客様の目を楽しませるスタイルのカクテルも存在します。

どういうことかと説明する前に、まずは先ほどaokiが作ったカクテルがあるのでご紹介しましょう。




はい、こちらウィスキー・フロートという知る人ぞ知るカクテルです。
氷の入ったグラスの中で、ウィスキーと水とが綺麗に分離しております。
作り方は簡単。先に氷と水を入れたグラスの中に、スプーンなどを使ってウィスキーをそーっと、そーーーーっと注いでいくだけです。
どうしてこういうことになってしまうのかと言いますと、高いアルコール度数を誇るウィスキーは水に比べると比重が小さく、乱暴に注がない限り上の方に堆積されていくものなのです。
飲み方としては、始めは上に浮かぶほぼストレートのウィスキーを味わい、次第にグラスを揺らしてロック→水割りと楽しんでいくのが良いでしょう。
ちなみにこういったカクテルのスタイルを、フロート、あるいはプースカフェとも言います。

ちなみに次のこちらはaokiの作った別のカクテルです。


こちらはジンベースのカクテルに、パルフェ・タムールというヴァイオレットリキュールを沈めたものになります。
この場合ジンよりヴァイオレットリキュールの方が度数が下なのですが、なぜ下に堆積されるのかというと、それはリキュールの方が糖分が高いからです。
糖度の高いリキュールは比重が大きく、そっと注げば高いアルコールよりも下に沈んでいくわけです。

この二つのルールを守れば、器用な人はこんなことも出来たりします。







プースカフェスタイルの極地、レインボーという七つのお酒を使って出来るカクテルです。ここまでくると私には難しい芸当です。
ちなみに内訳はこちら↓


一番下にアルコールゼロの甘いシロップを使い 、徐々に甘さを抑えながらアルコール度数の強いリキュールや重ねて行き、最後には甘さがほぼ無く度数の高いブランデーを注いで完成します。
面白そうと思ったそこの方、間違ってもそこらへんのバーで頼むのはお勧めしません。

理由その1: 美味しくない。
見ての通り、層になっているのは比重のルールを優先させたそのまんまのスピリッツやリキュールです。
かつ中身はほとんどの場合ぬるいものばかりなので、グラスを傾けても美味しさを感じることは難しいでしょう。

理由その2:バーテンダーさんにに嫌われる。
理由1のとおり、これはあくまで観賞用のカクテルで、とても美味しく飲めるものではありません。
美味しくないとわかっているものを、時間をかけてまで忙しいバーテンダーさんにオーダーしようものなら、たちまち不興を買うこと間違いないでしょう。
世の中には少ないながらもプースカフェをエンターテイメントとして提供するお店もあるそうですが、そこ以外で頼むのは控えておくに越したことは無いでしょう
どうしても生で見たいなら、自分で作ってみるのが一番お手軽で安全とも言えます。
 
いかがだったでしょうか。
少なくともウィスキーが手元にある方は、簡単に試していけるので話の種に作ってみると面白いかもしれません。
以上、今週のaokiでした。

2014年12月24日水曜日

MONSTERZ見たよ

どうも、今とってもお腹が痛い山下です。
別になんか変なもの食べた覚えはないんだけどなぁ…
あ、昨日の鍋に使ったポン酢の賞味期限1年以上切れてた…

で、今回は…うん、ネタがないな
最近アレです、MONSTERZという映画を見ました。
監督がリングの中田秀夫で主演が藤原竜也と山田孝之という豪華キャストな映画です。
藤原竜也の目が光っていますね。怖いですね ストーリーは人間を自由に操れる男と唯一操れない男が戦うというまあ予告編通りのものです。 うん、予告だけ見れば凄い面白そうなんだ。うん、予告だけ見れば凄い面白そうなんだ。 大事なことだからry 藤原竜也も山田孝之も好きだし藤原竜也は相変わらず鼻ヒクヒクさせてるし石原さとみはかわいいし鏡月のCMの石原さとみとか凄いかわいいしとりあえず石原さとみかわいいし 冒頭はホラーぽいくらーい雰囲気が出ていて今後どうなるんだろうという期待感もあるんですが… なんかこう警察は無能すぎだし藤原竜也が山田孝之を狙う理由もわからないしというかただのストーカーにしか見えないし人を操れる能力の設定自体よくわかんないし伏線貼っといて回収しないし警察は無能すぎだし無駄にグロいし人を操れる男の名前を最後まで隠す理由がわからないし石原さとみかわいいし うん、劇場で見なくてよかった。 というか人を操る能力があるならもっといろんなことに使いそうなもんなんですが…劇中じゃほぼ殺人しかしてないし、最後のほうで新人類は旧世代を滅ぼすみたいなこと言ってましたが遺伝子的な問題なんでしょうか? 伏線張るだけ貼っといてほぼ回収しない映画だったのでよくわかりません とりあえずアレですね、主演二人の演技はすごくうまかったです。 よし、るろ剣のDVD買おう。

2014年12月22日月曜日

iPad Air 2とiPhone6 plusを一ヶ月使ってみた感想

当初は買う予定はなかったが、なんやかんやあってiPad Air 2とiPhone6 plusを購入した。
今回は、一ヶ月使用してみた個人的な感想を記そう。

・iPhone6 plus

いろんなところで散々「デカイ、デカすぎる」と言われているiPhone6 plusだ。
手に持った感想は、確かにデカイと思う。
iPhone5やNexus5はケース無しで運用していた筆者だが、
iPhone6 plusは純正レザーケースを装着している。

購入したのはiPhone6 plusのブラック64GB、AppleStore版。
このモデル、何故か今では販売されていない。。。謎。。。
通信契約は、IIJのみおふぉんを使っている。
4GB/月の通話可能プランで、月額2500円程度なのでありがたい。
通信には特に不満がなく、高速モードOFFでもそれなりに快適だ。

iPhone6 plusは確かにデカイが、この大きさはむしろアドバンテージと思う。
動画は見やすいし、文字も読みやすい。
Kindleでコミックを読むのも楽だ。
また、バッテリーのもちが良いのでありがたい。
普段はNexus5と2台で持ち歩いているが、もっぱら使うのはiPhoneの方だ。

・iPad Air 2


こちらはiPad 4thからの買い替え。
iPad AIrをスキップしたので、一番の感想は「薄っ!軽っ!」というものになってしまった。
薄さと軽さは目を見張る物があり、今までiPad 4thは重くて外に持ち出すのを躊躇していたが、
iPad AIr 2では躊躇なく鞄に放り込んでおける。
ケースは純正のSmartCoverを装着している。

購入したのはiPad AIr 2ブラックLTE64GB、AppleStore版。
通信契約はNexus7(2013)LTEで利用しているOCN mobile ONEに回線を追加して利用している。
iPhoneのみおふぉんと同じく、特に通信に不満はない。

薄くて軽く、どこにでも持って行きたくなるiPadは、やはりLTE版を買ったほうが幸せと思う。
iPad 4thとくらべて、バッテリーの持ちが若干悪くなっているように感じるが、
GPSなどを搭載していることを考慮すれば仕方がないし、不便に感じる程ではない。

iPad miniをスルーし続けている理由は、Nexus7を所有しているから。
さらに、今回iPhone6 plusを購入してしまったので、iPad miniのサイズはますます半端な物となってしまった。
実際、すでに筆者はNexus7も使わなくなってきてしまっている。

iPhone6 plusとiPad AIr 2に共通して便利だと思ったのは、Touch IDだ。
iPhone5sでTouch IDが搭載された時は、「えー、そんなおまけ機能を全面に押し出すなよー」と小馬鹿にしていたが、
実際に使ってみると驚くほど便利で驚き、そして驚いてしまった。

2014年12月18日木曜日

スマホアプリ「Bar Oasis」が面白い

 どうも、一日だけやってみたいお仕事はバーテンダーの男、aokiです。

最近、久しぶりにスマホのゲームにハマっています。

その名も、「Bar Oasis」。方々で高い人気を誇っているそうで、思わずお金を払って正規版をダウンロードしてみました。

 
 本作は、カクテルなんて全く知らない素人の主人公がマスターに雇われ、バーテンダーとして経営に着手するというストーリー仕立てのバーテンダーシュミレーションゲームです。

 日々訪れるお客様にカクテルを提供しながら経営に関わり、その中で様々なお客様との人生模様に触れていくという、まさに大人向けのゲームとなっております。
 単なる雰囲気ゲーかと思えば意外と本格的であり、特にスマホの機能を活用したリアルなカクテルメイキングは重要かつ特筆すべき要素の一つです。
 材料を注ぐにはスマホを傾け、スマホを揺らせばバースプーンでお酒を混ぜることが出来、カクテルの代名詞とも言えるシェークはスマホをシェーカーに見立てて振るというように、まるで自分がカクテルを作っているようにプレイしていくことができます。
 知らないカクテルはいつでもレシピブックを見ながら作成できるアシスト機能がついていますので、カクテル知識ゼロでも、バーテンダーになりきってゲームを楽しんでいくことができます。
 ハマればハマるほどカクテルレシピが頭に入っていくので、気分はまさにバーテンダー。カクテルという魅力を余すこと無く詰め込んだシステムには、作り手の熱意が強く感じられます。
 BGMもピアノをメインとした癒されるものばかりで、日々訪れる素敵な女性たちとの会話を盛り上げていきます。
 バーテンダーが好き、お酒が好き、カクテルが好き、大人向けな雰囲気を持ったゲームが好きな人にこそ、ぜひプレイしてもらいたいと思いました。

 
 ちなみにこのゲーム、最近「Bar Oasis2」として続編が発売され、今なら期間限定で300円のところ100円でダウンロードをすることができます。
お試し版で1話をプレイできる体験版もありますので、ご興味のある方はぜひプレイしてみてはいかがでしょうか。
 お酒を飲んでゆったりと楽しめること請け合いです。

 以上、今週のaokiでした!

2014年12月17日水曜日

オートウェイのCM

どうも、最近ちょくちょくボーリングにハマってきている山下です。
この前やったら腕が痛くなりました。
しばらくはやめておこうと思います。
でもアレですね、ラウンドワンのムーンライトストライクゲームでストライク取りたいですね。
そんな僕のささやかな夢です。

まあそれはさておき最近寒いですね。
ていうか雪ですね。雪寒い外寒い仕事行きたくないハア

雪といえば何かタイヤのCMがとても怖いと話題になったみたいですね。
うん、怖いです。なんというかビックリ系はずるいと思うんだ で、第2弾
うん、カワイイですね。 だからビックリ系はry で、第3弾
うん、普通にいい歌ですね なんかこれ最初のCMに続いてるそうなんですがこんな可愛い子がアレになったってことでしょうか。 とりあえず雪道の運転は気をつけようと思います。

2014年12月15日月曜日

海外文学書評 #2 「銀河ヒッチハイク・ガイド」

日本では海外文学はあまり人気がないらしい。
ハリー・ポッターや、ダ・ヴィンチ・コードのような一部例外をのぞいて、
販売ランキングで上位に来ることはほとんどない。

しかし、筆者はその逆で、基本的に海外文学しか読まない。
そこでお気に入りの海外文学を紹介していこうという試みである。

今回紹介するのは、イギリスのSF作家ダグラス・アダムスが書いたSF小説、「銀河ヒッチハイク・ガイド」である。



・タイトル:銀河ヒッチハイク・ガイド
・原題:The Hitchhiker's Guide to the Galaxy
・作者:ダグラス・アダムス
・訳者:安原和見
・出版社:河出書房新社
・出版日:2005/9/20

オリジナルは1979年にイギリスで出版された。
1982年に日本語に翻訳されて出版されていたが、その後長いこと絶版となっていた。
2005年に新訳され、本書を筆頭にシリーズ5作全ての日本語訳が出版された。

あらすじ:
アーサー・デントは何の変哲もないイギリス人。
田舎のラジオ局に勤め、デジタル時計を人類最高の発明と思い、仮装パーティで女の子をモノにし損ねた。
ある日、彼は自分の家と自分の住む星を破壊されてしまう。
彼は偶然にも友人がベテルギウス人だったので、地球を破壊に来た宇宙船にヒッチハイクすることができ、
地球人で最後の生き残りとなったのだった。
特に行く宛もないアーサーは、助けてくれたベテルギウス人のフォードとともに、ヒッチハイクをして宇宙の驚異を見て回ることにした。。。

感想:
冒頭でいきなり地球が破壊され、主人公は幸運にも地球を脱出する。
しかし、作中で主人公は地球が破壊された実感をなかなか得ることが出来ず、結局「マクドナルドは2度と食べられない」と気がついて悲しむのだった。
かなりコミカルな作品で、コメディというよりもギャグと呼んだほうが適切なくらいだ。
ユーモアの分類としてはやはり英国的な皮肉とブラック・ジョークが多く、何らかの生物の生き死にに関わるジョークも多い。
この辺り、同じイギリスの作家であるロアルド・ダールのセンスに通じる物があると思う。
個人的に、作中に出てくるうつ病のロボット「マーヴィン」が好きだ。
事あるごとに自分で自分のスイッチを切って動かなくなる。
人間など及びもしない計算能力で、確実に相手を不快にすることを、確実に相手が不快になるタイミングで発言する。
実際に身近にいて欲しいとは思わないが、ユニークなキャラクタだ。
この本の特筆すべきは、恐らく誰もが一度は考えたことがある謎、「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」が計算され、答えが登場することだ。
作中でとあるコンピュータが計算したことになっているが、現在ではその機能はGoogleに移植され、Googleでも同じ計算を行う事ができる。
本書は英語圏では人気があり、コンピュータが多数登場するせいか、IT関連の人々の間での知名度が特に高い。

本書は2005年に映画化された。
もちろん、筆者はDVDを所有している。



全体的な笑いのセンスは日本のものと乖離しているが、
英国流のジョークを楽しみたい方、それとIT関連に興味がある方は、是非一度読んでみることをオススメする。

2014年12月11日木曜日

カロッツェリアのカーナビ「AVIC-VH99HUD」が欲しい

 どうも、某診断サイトで、犯罪係数オーバー300だった男、aokiです。
執行対象じゃねぇか……
さて、サイコパス2が絶賛放映中な訳ですが、攻殻機動隊といい、ああいうスタイリッシュな演出のある近未来アニメは大好物です。

今回はそんなサイバー厨二アイテムとしてaokiが欲しがっている、カロッツェリアのカーナビ「AVIC-VH99HUD」をご紹介したいと思います。




価格をのぞけば、ルート案内の多彩さ、正確やユーザビリティが差別化のすべてと言っていいカーナビ業界ですが、こちらのナビは上空からの二次元視点に加え、取り付けた前方カメラ映像上に道筋を描くことで、ドライバー目線でのルート案内を見せてくれるカーナビになります。
ユーザビリティもさることながら、すごいのはAR HUDユニットと呼ばれるパーツを取り付けることにより実現する、仮想空間ナビゲーションです。



このようにドライバーの目線上に装着することで、AR(仮想現実)としてルート案内を受けることが可能となります。
まさに別名攻殻機動隊(っぽい)ナビと騒がれたのも頷けます。
ここまでくると、コナン君の眼鏡やドラゴンボールのスカウターなどの技術が実現し始めたと言ってもいいでしょう。
小さい頃憧れた技術が、現実のものとして提供されるとはワクワクします。
こちらは去年の発売時に30万円台で市場に導入されましたが、今後のさらなる改良と価格調整が待ち望まれます。
例えるなら宝くじに当たったら、とにかく真っ先に欲しい。
そんなaokiの厨二魂をくすぐった素敵なカーナビの紹介でした。

2014年12月10日水曜日

積みゲーがやばい

どうも、積みゲーがありすぎてどうしような山下です。
先日ついにゲームを9本ほど売りました。
まあほぼクリアしてないやつですが…
サイコブレイクの記事も書きましたが結局クリアしないまま売っちゃいましたテヘペロ
アレですね、やっぱクリアしないままポンポンポンポン買うのはいけませんね。

あ…ゴッドイーター2レイジバーストが欲しい…
でもまだゴッドイーター2もクリアしてない
面白そうである 何かゴッドイーター2も途中で飽きちゃったんですよね。 てゆうかアレですね、いくら初代から仲間のAIが大幅に強化されて戦闘が格段に楽になってもぼっちプレイは飽きますね。 初代をクソゲークソゲー言いながらなんだかんだやってた頃が懐かしいです(´Д⊂ヽ ええ、敵がノーモーションで攻撃繰り出してきたり起き上がりからの無敵時間が無かったり敵が早すぎたり敵が硬すぎたり敵の攻撃でHP半分以上減ったり挙句連撃食らってHP満タンから即死したり復活したと思ったら1秒くらいでまた死んだり 「絶対にこの敵と戦ってはいけない」みたいなこと言ってた仲間がプレイヤーの前にその敵連れてきたり仲間のAIが馬鹿すぎてソロプレイじゃほぼクリア不可能だったり(ていうかソロプレイでクリアした人いるんでしょうか?) キャッチコピーのアラガミが神速!アラガミが連撃!は間違ってはいなかったようです。 でも面白かったです。ストーリーも普通にいい話だし 主人公なんていなかった 後なんかこう打ち切り漫画みたいなストーリー展開は…いや途中までしかやってないですけどね。 まあこれ欲しくてもまずPSVITAかPS4買わなくちゃいけないんですけどね。 あと何か絶対クソゲーだってわかってるけどお姉チャンバラZが欲しくなってきました。 なんか最新作のお姉チャンバラZ2カオスの無双シリーズとDMCシリーズと閃乱カグラシリーズを全部混ぜて2で割りました感がたまりませんね。 まあこれもPS4ですが というかまずお姉チャンバラZを買わないと…よし、せっかくゲーム売って金入ったことだし買ってこよう。 アレですね、クリアしないままry

2014年12月8日月曜日

ゆるゆるゲームRecommending Vol.10 罪と罰 地球の継承者

本年最後のビデオゲーム紹介。
今回は、ハードコアなガンシューティングを。

2000年にニンテンドー64向けにリリースされた、「罪と罰 地球の継承者」

罪と罰 地球の継承者

・タイトル:罪と罰 地球の継承者
・発売元:任天堂
・プラットフォーム:ニンテンドー64
・ジャンル:3Dガンシューティング
・発売日:2000年11月
・リンク:公式サイトAmazon
・キャッチコピー:コレハ・・・ジンルイガオカシタヘノナノカ?

トレジャーが開発し、任天堂が発売したシューティングゲーム。
サブタイトルは、「地球の継承者」と書いて、「ほしのけいしょうしゃ」と読む。

トレジャーが作っただけの事があり、任天堂ハードにしてはシナリオ・難易度共にハードな仕上がりとなっている。
ちなみに、筆者はイージーモードでしかクリアしとことはない。


では、講評を記そう。

・シナリオ
RPGやアドヴェンチャーではないが、やたらと凝った世界観のシナリオが用意されている。
〜舞台は2007年。世界平和を達成した人類は、環境汚染と食糧危機に直面していた。
食料問題解決のため、汚染された環境でも生育可能な生物を作り上げた人類は、
日本の北海道に試験農場を作り、生育を始めた。
だが、生物の中に「ルフィアン」と呼ばれる人間を襲う個体が現れ、すでに北海道や東北地方はルフィアンに制圧されてしまった。
ルフィアンを鎮圧するため、アメリカの武器メーカーが主体となる「武装ボランティア」が日本への援助に駆けつける。
一方、関東地方では聖女を名乗る少女、「アチ」を中心とした新興宗教団体「救済グループ」が若者たちの間で広がりを見せていた。
主人公の「サキ」と「アイラン」は、この救済グループの尖兵として、武装ボランティアやルフィアンたちと戦う〜
あらすじはこんな感じで、相当に凝った世界観であるし、バックグランドが複雑である。
そもそも主人公が新興宗教に所属してるって。。。どうよ。。。
筆者は「ブレードランナー」をこよなく愛するディストピアSF好きなので、綺麗にストライクゾーンであった。

・グラフィック
ニンテンドー64のゲームであるので、正直美しくはない。
時々背景なのかオブジェクトなのかわからないことがある。。。


CMがカッコイイ

・音楽
近未来SFらしく、テクノ系のBGMが多用されている。
筆者はテクノ好きなので、結構気に入っている。

・システム
特筆すべきは操作だ。
64のスティックと、十字キーを使う、「レフトポジション」で操作する数少ないゲームだ。
画面内で、キャラクタはひたすら奥に向かって勝手に走り続ける。
十字キーの左右を入力すると、キャラクタはそちらに移動する。
一方3Dスティックは、銃の照準を操作する。
Zトリガーで発砲し、Lトリガーでジャンプを行う。
正直、操作は複雑で慣れが必要だ。

・総評
前述のとおり、ゲームは非常に難しい。
だが、この重厚なシナリオは一読の価値があるし、
ラストも任天堂らしからぬ衝撃的なものとなっている。
現在では、ヴァーチャルコンソールで購入可能なので、WiiもしくはWiiUでプレイ可能だ。
なお、Wiiでは続編「罪と罰 宇宙の後継者」がリリースされている。

2014年12月7日日曜日

ディズニーで正拳突き

ディズニーで正拳突き

11月に収録したpodcastです

上のタイトルをクリックすると再生します
出演は山下、青木、平賀、塩崎です
今回はクリスマスの話です

podcastをお手持ちのiTunesに登録すると、
次回からの更新が自動的にあなたのiTunesにダウンロードされます
ぜひ登録してください(゜▽゜)
iTunesに登録するには、こちらのリンクをクリックしてください

よろしくお願いします

2014年12月4日木曜日

若いウィスキーを熟成したウィスキーに変えるアイテム

どうも、好きなスコッチはマッカランの男、aokiです。

この間、このような商品の紹介を見つけました。


Whiskey Elements

どんなものかと申しますと、この木片をウィスキーのビンの中に入れておくだけで、24時間後には3年程度熟成させた味わいに変化するというのです。

ご存知の通り、ウィスキーは樽の中で何年も寝かせることにより、悪酔いの原因となるアセトアルデヒドを始めとする物質が弱まり、樽の成分を吸収して香りよく深い味わいへと変化を遂げます。

そこに着目したこの商品は、そんな樽材を加工し、直接ボトルの中に入れることで、熟成を促す効果があるというのです。


日本での直接販売はまだされていないようですが、入手できるなら、ぜひとも効果を実感してみたいと思いました。
なお、フレーバーはオーク・バニラ・メープル・スモーキー・ピーティの5種類で、いずれも投入後のウィスキーの香りに変化をもたらすと言われています。


価格帯としては、2本で12ドル〜なので、今後の市場投入が待ち遠しいですね。

ちなみに、以下がソースになります。

http://gigazine.net/news/20141030-whiskey-elements/

以上、今週のaokiでした。


2014年12月3日水曜日

幸楽苑のラーメン

どうも、今スマホゲーのキャンディークラッシュにハマっている山下です。
これはアレですね、中毒性がありますね。
純粋にパズルだし、何かガチャとかで一喜一憂しなくていいし、しばらく夜勤のお供になりそうです。

何か先週の記事でも書いた幸楽苑が290円の中華そばをやめるみたいですね。
で、500円台のラーメンを主力商品にするとか…うん、今更方向変えたところで
ダメだと思う。あそこはラーメンとチャーシュー丼と餃子のセットを1000円以下
で食べれるからよかったのに…あとあのチープな味が好きだったのに…
というか500円になるならもうちょっと出して他のラーメン屋に行くよ!
とりあえず販売中止になる前にもう一度食べに行こうと思います。
そしたらアレですね、さらば幸楽苑…多分もういかないになりますね。
でも幸楽苑の500円ラーメン…一回は食べてみようと思います。
どうもこれを290円ラーメンの代わりに全国で販売するらしいです。
あと新しい600円台のメニューもつくるとか…
とりあえず一度は行ってみようと思います。

あーつけ麺は美味しかったような記憶が…
でもとりあえずアレですね、味噌ラーメンが残ってくれたらいいな、うん

2014年12月1日月曜日

馬耳東風11月のまとめ(2014)

11月の大自然の甘党はこんな感じでした。
カッコ内は前月比です。

・セッション数:1180回(+33.64%)
・ユーザ数:962人(+37.82%)
・ページビュー:1572回(+25.46%)
・ページ/セッション:1.33(-6.12%)
・平均セッション時間:0分45秒(-16.99%)
・直帰率:82.80%(+1.26%)
・新規セッション率:76.27%(+6.39%)
・ユーザの地域(上位3位):渋谷区(+8.43%)、港区(-2.25%)、横浜市(+35.56%)

良く閲覧された記事トップ10
1位:iMovieで水曜どうでしょうみたいなテロップを挿入する方法(iMovie10.0以降)(+222.89%)
2位:夢のトリプルディスプレイを構築する(+21.15%)
3位:別APKのServiceとAIDL通信を実装するサンプル(+70.45%)
4位:Chart.jsで作ったグラフをajaxで更新するとcnavasのサイズがおかしくなった(+168.75%)
5位:MacBookProのHDDをHybridSSDに換装したよ!!(-4.65%)
6位:愛車にLED(モーションアイライン)を取り付けてみた(+15.62%)
7位:再現!漫画メシ!その① くーねるまるた「白子の唐揚げ」(+128.57%)
8位:賃貸だけどバーカウンター置くよ!(+39.13%)
9位:円安とか円高が分からん!(ー)
10位: 前から気になっていた電子タバコ「VAPE X6」を買ってみた。(ー)

11月の世の中の主な出来事(だいぶ偏ってます)
・寒い
・あと寒い
・なんか寒い
・それから、寒い
・やばい、寒い、やばい