2013年3月18日月曜日

MacBookProのHDDをHybridSSDに換装したよ!!


intel社製のSSD

世の中にはSSDというものがある。
コンピュータのストレージとしてHDDの代わりに搭載する記憶媒体だ。
HDDと比較してかなり高速であり、コンピュータの様々な挙動がいちいち素早くなるという素晴らしいものだ。
コレが欲しいのだが、500GBで3万円以上というお値段に躊躇し、なかなか手を出せない。
そこで、SSDとHDDの間の子である、HybridSSDを購入したよ!!
(塩崎)

まず、今回HDDを換装するMacはこちら

MacBookPro 15' (Early 2011)

MacBookProの15インチモデルです。
最近何かと話題のRetinaディスプレイモデルじゃなく、Early 2011モデルです。

7200rpm、512GBのHDDを搭載していますが、今回はこちらに換装します。

Seagate Momentus XT ST750LX003

8GBのSSD領域と、750GBのHDD領域を持つHybridなドライブです。
それでは早速換装しましょう!

手順としては、
1. 新しいドライブをHDDケースに入れて、MacとUSBで接続する
2. Optionキーを押したままMacを起動し、ディスクユーティリティを選択
3. 新しいドライブを選択し、Mac OS拡張(ジャーナリング)、GUIDパーティションテーブルでフォーマット
4. 新しいドライブにOSXをインストール(←1時間くらいかかる)
5. インストール後、自動的に再起動され、新しいドライブからブートされる
6. 初期設定画面で、移行アシスタントを起動し、Macに内蔵されている古いドライブからデータを移行する(←300GBくらいデータあったけど、6時間くらいかかった)
7. 移行完了後、シャットダウン
8. いよいよMacを開腹し、古いドライブと新しいドライブを換装
9. 念の為にNVRAM/PRAMとSMCのリセット

という感じです。
基本的に1〜7までは地味ですし、待ってるだけなんで楽ちんです。
問題はやはり開腹手術が必要となる8でしょう。
では、そのあたりを詳しく紹介しましょう。

ちなみに名前はKatharineです
まず、裏面のネジを外していきます。
小さいので気をつけてください。
ネジのうち、ヒンジ側のMagSafe側の3つは足が長いので、組立の時に間違えないように!

Katharineの中身
中を開けたら、大抵ホコリが溜まっているので、掃除しましょう。
ブロアーでホコリを飛ばすといいですよ。

意味はないけどカッコイイアングル

これがHDD (日立製)
HDDの光学ドライブよりに黒い固定パーツがあるので、ネジを2本外してパーツを取り除きます。
その後、透明なビラビラを引っ張るとHDDが持ち上がります。
この時、HDDとMacのロジックボードがリボンで接続されているので、うっかり力を入れて断線させないように気をつけましょう!(←やりかけて焦った)
HDDからリボンを外し、四隅のビスをトルクスクリューで外します。
このビスを、新しいドライブに元通りに装着し、ついでにリボンも装着しましょう。
そして、収まっていた場所に収めます!!

収まったHybridSSD
最後に、裏蓋を元通りにはめて、ネジを絞めましょう。
こうしてまたひとつ、僕の部屋がやばい感じになった

使用頻度の高いバイナリはSSDにクローンされるらしいんで、とりあえず再起動とかしまくると起動早くなると思うよ!!
今回参考にしたサイトはこんな感じさ!


みんな!静電気には気をつけてね!!
それではまた!







-->

2013年3月17日日曜日

一周年


一周年


3月9日に収録したpodcastです
上のタイトルをクリックすると再生します
(馬耳東風ラジオ)


出演は平賀、山下、塩崎
今回は一周年にの挨拶です

podcastをお手持ちのiTunesに登録すると、
次回からの更新が自動的にあなたのiTunesにダウンロードされます
ぜひ登録してください(゜▽゜)

iTunesに登録するには、こちらのリンクをクリックしてください

よろしくお願いします


-->

2013年3月3日日曜日

ヘルディガンナーブラキオスサイカーチス


ヘルディガンナーブラキオスサイカーチス


2月9日に収録したpodcastです
上のタイトルをクリックすると再生します
(馬耳東風ラジオ)


出演は青木、山下、塩崎
今回はZOIDSについてです

podcastをお手持ちのiTunesに登録すると、
次回からの更新が自動的にあなたのiTunesにダウンロードされます
ぜひ登録してください(゜▽゜)

iTunesに登録するには、こちらのリンクをクリックしてください

よろしくお願いします


-->